RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ベトナム文化「アオザイ」

 ベトナム株で稼ぐためには、ベトナムの文化や国民性を知る必要があります。
今回は、ベトナムの民族衣装アオザイを紹介しましょう。
 
アオザイは、現在でも正装として着用されています。
 
アオザイは18世紀に清朝からもたらされた宮廷服、チャイナドレスをモデルに作られました。
アオザイとは、「長い着物」を意味するベトナム語です。現在のような女性用のアオザイは、フランス領時代にデザインされました。
 
立ち襟で丈の長い衣装に身を包んだ女性の美しさは格別です。背筋をシャンと伸ばして街を颯爽と歩くその姿はベトナムの女性美を象徴しています。
 
とはいえ、アオザイは何も女性だけの民族衣装ではありません。男性用アオザイもあるのです。しかし現在では結婚式で新郎が着用するか、そのほか伝統芸能で用いられる等に限られます。
そのためアオザイというと女性の姿を連想するのも無理はありません。
 
アオザイは、上衣は前合わせの立ち襟です。これは「チャイナカラー」と呼ばれるスタイルです。長袖で、身体の線にそったスリムな仕立てが女性の曲線美をいっそう引き立てます。丈は足首にまでかかるほどですが、深いスリットが入り、歩くのには不便しません。
 
スリットはなんと、腰骨にかかるほどにまで入っているのです。上衣の下には下衣をつけます。白い長ズボンのようなものです。
 
普段、正装として着用されるアオザイですが、現在、ベトナムの多くの高校や大学では、純白のアオザイを女性の学生服に採用されています。
登下校時間になると、真っ白で、清楚な学生たちが町に溢れ、その優雅な美しさは観光客のみならず、町の男性人の目をひきつけてなりません。
 
 
author:marintower525, category:-, 12:16
comments(37), trackbacks(0), pookmark
ベトナム株総研.COM
 ベトナム株の情報を知りたいが、良いサイトが見つからないと言う人は多いです。
と言うのも、注目されているもののまだベトナム株が日本に普及しているとは言い難いので、必然的に情報の需要量、供給量ともに制限されるのです。
 
その中にあって、非常に多くの情報を閲覧できるサイトがあります。
それは、ベトナム株総研.COMです。
 
ベトナム株総研.COMでは、ベトナムの市場に上場している企業の一覧が載せられています。
1部、2部、未公開、IPOと、殆どの項目をフォローしてあるので、どの企業が1部上場しているのか、何処企業がそうでないのかなどがすぐにわかります。
何よりも素晴らしいのは、それぞれの企業についての情報が詳しく記載されている事です。
住所や連絡先、株式数、資本金、業種、株主構成、特色、業績動向について詳しく記されているので、ベトナムに今どんな企業があるのかすぐにわかります。
株を買う上で、必然的な判断材料ですからね。
 
また、ベトナム株総研.COMではベトナム株に関する最新のニュースをいくつかの項目に分けて提供しています。
上場・登録企業に関するニュースや、債券、市場に関するニュースが見られるのはかなり大きいですね。
 
加えて、初心者に対しての証券講座も載せているので、まだベトナム株についてよく知らない人に対しても非常に親切な説明がされています。
 
 
author:marintower525, category:-, 14:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ベトナム株 掲示板
ここに本文を記入してください。
 ベトナム株情報のサイトの中でも、特に具体的且つ機能的、そして信頼が置けるサイトは『ベトナム株 掲示板』です。
この『ベトナム株 掲示板』では、ベトナム株について、特に口座の開設方法について、実際に口座開設を行った人たちがその経験を掲示板に投稿していると言うスタイルのサイトなのです。
つまり、体験談。
 
掲示板と言うとどうしても信憑性が薄く、余り当てにならないと言う印象が強いかもしれません。
しかしこのサイトに関しては、もう何年も前から運営されており、結構な数の人が体験を投稿しているので、何の心配も要りません。
まして、自己利益の為に情報を提供していると言うスタイルではないので、だます意味もありませんから。
 
『ベトナム株 掲示板』で特に参考になるのが口座開設情報で、現地ベトナムに飛んで口座を開設してきた人の体験談や、日本で解説を行った際にどう言った手続きが必要だったかと言う情報がいっぱい提供されています。
 
何よりも、色んな証券会社に関する情報が寄せられているのが大きいですね。
と言うのも、現在日本語で閲覧できるインターネット上のサイトには、ベトナムの証券会社に関する情報は殆ど出回っていないのが実情で、ベトナム株を購入するに当たってどの証券会社で口座の開設をすれば良いかと言う選択材料が殆どありません。
 
その中にあって、このサイトのように様々な証券会社についての情報が閲覧できる所と言うのは非常に貴重です。
 
 
author:marintower525, category:-, 11:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
今後のベトナム株式
ここに本文を記入してください。
 

現在、投資家の間で中国株に次ぐ人気で注目を集めているのがベトナム株。

しかし、ベトナム株式会社の少なさに驚く人は多いです。

というのは、ベトナムは社会主義共和国だからです。

ですので、企業の多くは「国営」のためであり、ベトナム株式会社の数は少ないのです。

 

とは言え、ベトナム政府は、今後益々のベトナム経済成長のために、続々とベトナム株式会社を増やし続けると言う意向になっており、現在ある国営企業の八割近くは株式会社になるだろうと言われています。

だからといって、株式会社になったすべての企業が上場されるわけでも、されているわけでもありません。

上場している企業はほんの一部であり、それ以外の株式会社は市場外の取引となっています。

 

上場されていないベトナム株の市場外取引は、非公式ながら厳格なルールの下、取引されているので証券取引所で上場されている企業と同等の扱いがされています。

政府もこのような市場を放って置けませんので、統制された末にはこれらの多くの企業が上場を果たすことになるでしょう。

近い将来、ベトナム株式は上場企業の数も一段と増え、豊富な銘柄に益々活気付くと予想出来ます。

 

また、ベトナム株の外国人保有率を、30%から49%に引き上げられた様に、今後も外国人投資家に対する規制を緩める可能性は充分あります。

現在、外国人投資家のベトナム株保有率は全体の2〜3割ですが、今後、ベトナム株式会社への投資は益々さかんになる気配であります。

 

author:marintower525, category:-, 14:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ベトナムの潜在能力
ここに本文を記入してください。
 

現在のベトナム株人気は発展途上国だからと言えるかもしれません。

 

現在、ベトナムは非常に労働力が高く、しかも人件費が抑えられています。

更に、人口が多く、その6割が30歳以下と若年層が半数以上を占めているとても若々しい国です。

そして、近年の教育水準の上昇により、識字率は100%に限りなく近い数字を残すようになりました。

 

これが意味するものは、ベトナムの今後の経済成長に大きな期待ができると言う事です。

つまり、国に投資するということかもしれません。ベトナム株とは、ベトナムそのものといえるでしょう。

 

経済発展を期待して買うのですから、基本的には長期的な保有を前提とした購入が望ましいです。

短期で利益を得ようという人にはそれほど向いていないかもしれません。

将来的に資産を増やしたいと考えている人には、ベトナム株は最適でしょう。

 

上記のことはベトナムが、非常に潜在能力の高い国を表しています。

戦後の日本が爆発的な経済成長を遂げたように、このベトナムもそうなる可能性を十分に秘めているのです。

その鍵を握るのは外国の企業であったり外国人投資家かもしれません。

とにかく、ベトナム株は夢を買える株式でしょうね。

 

author:marintower525, category:-, 12:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ベトナム株は10年前の中国株?

ここに本文を記入してください。
ベトナム株が10年前の中国株みたいだと言う声をよく聞きます。

と言うのも、現在ベトナムは発展途上ながら非常に労働力が高く、人件費の安さと相成って世界各国から生産工場の設立が成されているからです。

これは、現在でも工場大国とも言われていた中国と類似していますよね。

 

中国も、その圧倒的な人口と労働力を武器に世界各国から仕事を集め、現在では高度成長期に発展しています。

当然ながら、その影響で中国株は急騰し、僅か5年で6倍にまで膨れ上がりました。

そして、ベトナム株にも同じ現象が起こることは容易な想像がつきます。

 

実際、ベトナム株の株価はここ数年で急激に上昇していました。

ここ1年はやや下がり足踏み状態ですが、この先上昇の余地は十分あります。

ベトナムが今後順調に発展し、高度経済成長を果した暁には、中国株に迫る勢いを見せ付けるかもしれません。

 

今ベトナムでは、半導体における世界最大手であるインテルが最大規模の工場を設立する計画が持ち上がっています。

インテルに代表されるように、世界の大企業がこぞってベトナムの労働力に投資しようとしてる状態なのです。

その波は日本にも及び、これまで中国を中心に工場を設立していましたが、徐々にベトナムの労働力にシフトチェンジしようと言う動きが強まっています。

 

ベトナム株が今後、飛躍的にその株価を上げ、10年後には現在の中国株のような存在になっている可能性は薄くないでしょう。

この波に乗り遅れないよう、しっかりと情勢を見つつ、ベトナム株の購入について検討していきましょう。

 

 
author:marintower525, category:-, 14:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ベトナム株価指数
ここに本文を記入してください。
 

ベトナム株の価値の推移を見ていく上で、一番分かりやすいのがベトナム株価指数を見ていく事です。

ベトナム株価指数とは、ベトナム証券取引所に上場されている全銘柄により算出される時価総額加重平均指数の事であり、ベトナムVN指数ともいいます。

 

ベトナム株が誕生した2000年7月28日の指数を100として、これを基準として以降の指数が導き出されているものです。

つまり、100を超えているときは、創立時よりもベトナム市場が好調であると言うことです。

 

では、現在のベトナム株価指数は幾らぐらいなのでしょう?

 

2008年3月のベトナム株価指数は、700くらいになっています。

つまり、発足時の7倍です。

8年で7倍ですから、この時点で、急速な成長率である事が一目瞭然ですね。

しかし、一時は1000を大きく超えていたので、順調な成長と言うとそう言うわけではなかったりします。

まあ、株に上下動はつきものですからね、どんな好調な銘柄でも下がる事はあります。

それは、ベトナム市場、そしてベトナム株全体も同様の事です。

 

ベトナム株は、まだ国自体が発展途上の状態で、ここまでずっと上昇し続けている状況なので、多少下がったとはいえ、ピークがすぎたと判断する人は少ないでしょう。

これから更なる上昇があると考える人が多いから、益々の注目を浴びているのです。

勿論、資産運用は全て自己責任ですので周りに流されないことも重要ですね。

 

author:marintower525, category:-, 22:08
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ベトナム株のリスク
 

近年、新興株などの台頭により株取引は、ますますハイリスクハイリターンの様相を見せています。

実際、億万長者になった人もいる一方で、資産を大きく減らしてしまっている人は数え切れないでしょう。

株取引を行う以上、そう言ったリスクに目を背けてはいけません!

そして、それは勢いのあるベトナム株でも当然、例外ではありません。

 

ベトナム株は今、最も勢いのある外国株として注目を浴びている一方で、外国株ゆえのリスクが存在してします。

 

まず挙げられるのは為替変動リスク。これは、外国株を扱う以上必ずついてくるリスクです。

為替レートによる上下動、外国政府による潜在的な介入などがこの範疇に入ってきます。

次に挙げられるのはカントリーリスクです。大きな発展を遂げているベトナム経済ですが、まだ安定経済とは遠く及びません。

法制度や規制の整備もまだまだ未完成で、いきなり急降下してしまう可能性もゼロではありません。

更に、ベトナム企業はまだまだ国際レベルの企業統治に対して非常に甘いところが多くまとまっていません。

よって、内部分裂や不祥事などによっていきなり株価が下落する危険性もありえます。

情報開示に関しても、まだまだ完全には程遠いです。

 

ベトナム株を購入するならば、こう言ったリスクをしっかり把握し、危機管理を徹底していきましょう。

もっとも、これはベトナム株に限らず、全ての金融商品に言えることですけどね。

 

author:marintower525, category:-, 22:03
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ベトナム株のオンライン取引

 

日本では完全に主流となっているオンライン取引ですが、ここ最近のベトナムではまだ普及しておらず、電話やメールでの取引によって行われていました。

しかし近年、ようやくベトナムの証券会社でもオンライン取引が行われるようになりました。

 

しかし、残念ながらまだ全ての証券会社でオンライン取引が行われている訳ではありません、VCB証券など、ごく僅かの会社のみで取り扱れています。

 

オンライン取引の旨みは、リアルタイムで売買ができる事、そして世界中何処にいても取引が出来るという事です。

操作はツール次第になりますが、それほど難しい事はないので、初心者でもすぐに馴染む事が出来ると思います。

 

ベトナム株を購入した日本人の場合、そのほとんどは日本に在住している方と思います。

つまり、日本でベトナム株の売買を行う事になるのですが、従来通りに取引していると、これが結構大変です。

と言うのも、まだまだベトナムは発展途上国であり、しかもその国民性と相成って、どうしてもルーズになりがちです。

人を介していると、非常に時間が掛かってしまう場合が多いのです。

 

しかし、オンライン取引が完備されれば、ベトナム株の取引も国内株式と同等に手軽に扱える訳ですから、普及にも非常に役立つでしょう。

実際、VCB証券で取引を行っている人は、殆どオンライン取引を利用しています。

 

日本でベトナム株が流行の兆しを見せている今、一刻も早いオンライン取引システムの完全構築が成される事を待望していましょう。

 

author:marintower525, category:-, 11:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ベトナム株ノーロードファンド

 

ベトナム株ノーロードファンドとは、2006年12月15日〜2007年2月28日の間にグローバル・リンク・インベストメントが運用・販売していたベトナム株の販売手数料無料のファンドの事です。

契約期間は2007年3月1日〜2010年2月28日となっていて、途中売却は不可となっていました。

これまで手数料無料のベトナム株に特化したファンドというのはなかったので、とても注目を浴びました。

実際、外国株は何かとお金が掛かるってくるので、手数料を取らないと利益が出難いという面があり、手数料が掛からないと言う事に猜疑の目で見る人も多いみたいです。

 

しかしノーロードファンドの実績は好調のようで、第二弾となるベトナム株ノーロードファンド2も発売されました。

これは2007年4月15日〜2007年6月29日の間に申し込みが行われ、契約期間は2007年7月1日〜2010年6月30日となっています。

第一弾と同じく途中売却は不可となっています。

 

ベトナム株ノーロードファンドと言う商品に対しては、まだ実績期間が少ない事もあって、購入に慎重になっている人も多いですね。

何より、ベトナム株事態がまだ新しく、勢いがあると同時に不安定でもあるので、慎重になるのは当然の事でしょう。

 

しかしながら、手数料が掛からないと言うのはとても魅力的であり、今後の実績によってはこのようなファンドが増えていくでしょう。

ベトナム株共々、このベトナム株ノーロードファンドにも注目が集まっています。

 

author:marintower525, category:-, 16:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark