RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ベトナム株は10年前の中国株?

ここに本文を記入してください。
ベトナム株が10年前の中国株みたいだと言う声をよく聞きます。

と言うのも、現在ベトナムは発展途上ながら非常に労働力が高く、人件費の安さと相成って世界各国から生産工場の設立が成されているからです。

これは、現在でも工場大国とも言われていた中国と類似していますよね。

 

中国も、その圧倒的な人口と労働力を武器に世界各国から仕事を集め、現在では高度成長期に発展しています。

当然ながら、その影響で中国株は急騰し、僅か5年で6倍にまで膨れ上がりました。

そして、ベトナム株にも同じ現象が起こることは容易な想像がつきます。

 

実際、ベトナム株の株価はここ数年で急激に上昇していました。

ここ1年はやや下がり足踏み状態ですが、この先上昇の余地は十分あります。

ベトナムが今後順調に発展し、高度経済成長を果した暁には、中国株に迫る勢いを見せ付けるかもしれません。

 

今ベトナムでは、半導体における世界最大手であるインテルが最大規模の工場を設立する計画が持ち上がっています。

インテルに代表されるように、世界の大企業がこぞってベトナムの労働力に投資しようとしてる状態なのです。

その波は日本にも及び、これまで中国を中心に工場を設立していましたが、徐々にベトナムの労働力にシフトチェンジしようと言う動きが強まっています。

 

ベトナム株が今後、飛躍的にその株価を上げ、10年後には現在の中国株のような存在になっている可能性は薄くないでしょう。

この波に乗り遅れないよう、しっかりと情勢を見つつ、ベトナム株の購入について検討していきましょう。

 

 
author:marintower525, category:-, 14:01
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:01
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://marintower.jugem.jp/trackback/22